回復を促す家族の接し方

2.回復を促す接し方「10」のコツ

統合失調症の治療にとって家庭環境(家族の接し方)は重要なポイントになります。ご家族は患者さんにとって頼れる大切な存在ですが、接し方によっては本人にストレスを与え、再発のリスクを高めてしまう可能性もあります。本人と適切な距離をとること、治療に適した穏やかな家庭環境をつくることを心がけましょう。

1. 話を最後までよく聞く

2. 伝えるときははっきりと簡潔に、わかりやすく

3. 子ども扱いしない

4. 対立や言い合いを避ける

表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile