こころの健康情報局 すまいるナビゲーター 子どもの自閉スペクトラム症

社会生活を助ける2つのスキル

自閉スペクトラム症の子どもは、自分の得意なこと(できること)と苦手なこと(できないこと)がはっきりしています。得意なことを伸ばし、苦手なことは他の人に手伝ってもらいながら社会生活に必要な力を育むために、次の2つのスキルをバランスよく身につけることが大切です。


自律スキル

自分の得意なこと・苦手なことを理解し、できることを着実にこなすスキルです。苦手なことに対しては無理をさせず、本人が「できない」と伝えられるようにします。成功体験を積み重ねていくことで自信と自己肯定感を育むことにつながります。

ソーシャルスキル

わからないことやできないことは人に聞いたり、手伝ってもらったり、自分にできるやり方で人に相談するスキルと、社会のルールを順守するスキルです。自閉スペクトラム症の子どもは臨機応変に対応したり、空気を読んだりすることは苦手ですが、具体的に示されて納得できたルールや決まりごとを守ることは得意です。家庭や学校生活での決まりごとを一定のルールとして示し、守るよう教えましょう。その際、ルールを途中で急に変更・修正すると自閉スペクトラム症の子どもには理解が難しくなります。なるべく突然のルール変更は避け、変更の必要がある場合には前もって本人が納得できるように説明しましょう。

また、「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」の習慣を身に付けられるよう、保護者は子どもからの報告・連絡・相談には必ず応じて、「人に話して良かった」という経験を幼少期から積み重ねることが大切です。

自閉スペクトラム症への対応の基本

受信サポートすまいる手帳近くの病院を探す!