HOME > 回復に向けて > 職場復帰を目指す > メンタルヘルスケアの基本 -4つのケア-

職場におけるメンタルヘルスケア -事業者・上司の方へ-

メンタルヘルスケアの基本 -4つのケア-

働く人が受けるストレスはさまざまです。職場での人間関係や仕事上の問題によるストレスもあれば、家庭や健康といったプライベートな問題によるストレスもあります。メンタルヘルスケアの第一歩は働く人自らがストレスに気づいて対処する「セルフケア」ですが、職場のストレス要因には仕事の量や質、労働時間、責任など、働く人自身の力だけでは対処できないものもあります。そのため、事業者による組織的で計画的なメンタルヘルスケア対策として、下記の4つのケアを継続的に実施することが求められます。

労働者50人未満の小規模事業場では、事業場内産業保健スタッフを確保することは難しいものです。まずはセルフケアとラインによるケアを中心に、できることから取り組むことが大切です。小規模事業場のメンタルヘルスケア対策については、各都道府県に設置されている「産業保健総合支援センター」に相談してみましょう。

精神科専門 産業医からの
ワンポイント・アドバイス 1
安全配慮義務
雇用主には仕事の対価として賃金を支払う義務がありますが、これと同じ重要な義務として「安全配慮義務」があります。仕事を指示する上でこの配慮を怠ると法律上の違反行為とみなされます。
 ここでいう「安全」には、身心を守り、健康を守るという2つの目標があります。しかし、健康問題やメンタルヘルス関連問題は医学や医療の専門家でないとわからないことがたくさんあります。そこで、「産業医」の資格をもつ医師に専門家の立場からサポートやアドバイスを得ながら、就業規則に即して職場の安全配慮義務を的確に実行することが基本となります。法律上、職場は産業医の提言をしっかりと尊重しなければなりません。

ページの先頭に戻る