HOME > うつ病について > 脳科学から見たうつ病 > うつ病の遺伝子研究

脳科学から見たうつ病

うつ病の遺伝子研究

うつ病は、ある特定の遺伝子があればかならず発症するというような遺伝病ではありません。このことはまったく同じ遺伝子をもつ一卵性双生児において、一方がうつ病になったからといってかならずもう一方がうつ病になるわけではないことからも明らかです。病気そのものが遺伝するのではなく、複数の遺伝子が関与して「うつ病に対するかかりやすさ」(脆弱性)が遺伝すると考えられています。
うつ病を引き起こすさまざまな要因 うつ病に対する脆弱性がどういうものかについては、まだ明らかになってはいませんが、脳の神経伝達系の機能低下などが考えられます。しかし、このような脆弱性があっても100%うつ病になるというわけではなく、生育環境(子どもの頃の虐待や親との死別など)やストレス(職場や家庭での人間関係、過労、離婚、身体疾患など)、性格(生真面目、完璧主義、責任感が強いなど)といったさまざまな要因が関係していると考えられています。したがって、脆弱性のない人でも大きなストレスを受けることでうつ病になる可能性も考えられますし、逆に脆弱性があってもストレスに対する耐性が強い場合にはうつ病にはなりにくいと考えられます。

ページの先頭に戻る