うつ病ABC

7.女性のうつ病

女性のうつ病

うつ病は男性に比べ女性に多くみられる病気です。その原因はまだよく分かっていませんが、月経周期や妊娠など、女性特有のホルモンの変動が関係していると考えられています。また、近年は女性の社会進出が著しく仕事上のストレスが増大している一方で、男性優位の価値観もまだ根強く残っており、就職や結婚、出産、子育てなどのライフイベントを通じて女性が会社や家庭から受けるストレスもうつ病を引き起こす要因の一つと考えられます。ここでは女性のうつ病について、ライフステージに沿ってみてみましょう。

思春期の女性のうつ病

思春期は情緒が不安定になりやすい年代です。女性らしい体に変化するこの時期、初潮とともにエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が急激に増加しますが、ホルモンを分泌する卵巣が未成熟なのでホルモンバランスを崩しやすく、それがうつ病発症の一因と考えられています。この時期のうつ病は、気分の落ち込みや意欲の低下だけでなく怒りっぽくなったり、反抗的になったり、暴力的(自傷行為を含む)になったり、ほかの時期のうつ病とは違った症状がみられることもあります。うつ病が不登校や引きこもりの原因になっていることもあり、注意が必要です。心配な場合にはかかりつけの医師や児童相談所、保健所などに相談してみるとよいでしょう。

また、うつ病とは異なりますが、月経の10日~数日前から腰痛や腹痛、乳房痛、むくみ、便秘、下痢、吐き気などの身体症状やうつ状態、イライラ感、不安感、過眠などの精神症状が出ることがあり、これは「月経前症候群」(PMS)と呼ばれます。ほとんどの方は症状が軽く、月経がはじまると次第に治まっていきますから日常生活に大きな支障を来すことはありません。 一方、1年以上、月経周期ごとに強い精神症状が起きて仕事や生活に影響がある場合、「月経前不快気分障害」(PMDD)と診断されることがあります。これは10代~20代に発症することが多く、PMSと同様の身体症状が現れますが、社会生活に支障を来すほどの強い精神症状が特徴です。月経開始とともに症状が軽くなる点がうつ病*1と異なります。PMDDの原因はまだよくわかっていませんが、閉経すると起こらなくなりますから、性ホルモンの異常が関連している可能性があります。PMSとは違い、PMDDは病気です。治療が可能ですから、「月経が始まれば楽になるから」と我慢せずに婦人科や精神科で相談するようにしましょう。

*12013年5月に発表されたアメリカ精神医学会の「精神疾患の分類と診断の手引 改訂第5版」(DSM-5)では、PMDDは「うつ病性障害」(depressive disorders)に含まれています。

表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile