HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 医療 > 薬の量が多くて飲むのがいやになります。減らすことはできませんか?

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

薬の量が多くて飲むのがいやになります。減らすことはできませんか?

回答者:マミ

たしかに毎食後に、何錠も薬を飲むのは、いやな気持ちになるものですね。それでも、「調子を崩したらこまる」とか「薬を飲むことは生活の一部」と、長く服薬を続けていらっしゃる方も多く、本当に感心します。

「薬の量」について、ご自分の飲んでいる薬それぞれの作用をご存知ですか?定期的にあるいは薬が変わったときに、薬局から「薬剤情報」が手渡されると思います。気持ちを安定させる薬や寝つきをよくする薬、副作用を止める薬、便通をよくする薬、合併症の治療薬など、さまざまな作用の薬が必要で、錠剤数が多くなっていることもあるかもしれません。似たような作用の薬を整理してもらったり、副作用の少ない薬に変更してもらって錠剤数を少なくすることができる場合もあるようですから、気になるときは、主治医の先生に、よく相談してみましょう。

また、仕事などの関係で、毎食後に服薬しづらいこともよくあります。服薬回数も調整してもらえる場合があります。
薬は、再発予防のためのよきパートナーです。主治医の先生とよく相談して、うまく、長く付き合っていきましょう。

医療TOPに戻る

暮らしと仲間