HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 仕事に就くときに使える制度がありますか

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

仕事に就くときに使える制度がありますか

回答者:まさはる

仕事に就く際に利用できる制度はいくつかありますが、制度の利用も含めて障害者の一般就労を支援してくれる事業所が何種類かあります。

主なものは、障害者就業・生活支援センターと呼ばれる民間団体が運営する施設で、全国各地に設置が進められています。就職に至るまでのサポートを生活面も含めて支援してくれるところです。そこでは就職先や就職前に行う実習先の開拓、あっせん、実習や就職後の職場訪問等のジョブコーチ支援も行います。

地域障害者職業センターは、各県に設置されている特別行政法人が運営する機関です。ここでは、どのような職業適性があるかの診断をしてくれたり、職業体験ができる模擬会社があったり、ジョブコーチの派遣をしていたりします。障害者職業相談員という専門職が配置されています。

ハローワークには、障害者を支援する窓口がありますので、そちらに相談すると障害者求人情報を教えてくれたり、実習の支援などをしてくれます。

その他、自治体によっては、独自事業として、障害者就労支援センターを設置しているところもあります。

利用できる制度は、障害者全般が利用できる制度と、精神障害者のみが利用できる制度がありますが、主に就職までの準備のため、企業などで働く経験を積むことが意識されており、実際に就職したあとは、障害者を雇った企業にメリットがあるような制度(障害者雇用促進のため)もあります。

まずは、上記の事業所や身近な精神保健福祉士などに相談してみましょう。

暮らしTOPに戻る