HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 仕事につくと生活保護や障害年金の支給がなくなりませんか

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

仕事につくと生活保護や障害年金の支給がなくなりませんか

回答者:まさはる

よくこの心配を耳にします。まずは生活保護についてですが、基本的には生活保護で受けている給付額を超えて収入があった場合、保護の打ち切りを担当者は検討します。本人の様子をみて、数ヵ月続けて収入が保護費を上回ったら保護の支給を止めるというのが一般的です。

一方、障害年金についてですが、拠出年金の場合(20歳を超えてから年金を納付している)は、障害厚生年金でも障害基礎年金でも収入に関係なく支給されますが、無拠出年金(20歳未満で年金を収めていない)の障害基礎年金の場合は、所得によって年金額が半減されたり、全額支給が停止されることがあります。

たとえば、所得額が年間462.1万円以上あると、ストップされます。ただし扶養家族がいる場合には、扶養家族一人につき38万円の上限額が上がります。つまり500.1万円になります。扶養家族が二人いる場合には、538.1万円までは停止されません。

また所得が360.4万円を超えると半額を支給停止されます。こちらも扶養家族がいる場合は、一人につき38万円上限額が上がります。つまり、扶養家族1人のときは、395.4万円になる計算です。

つまり、相当の収入がないと年金はストップしないということです。

暮らしTOPに戻る