HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 仕事をしたいのですが、どうやって探していいかわかりません

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

仕事をしたいのですが、どうやって探していいかわかりません

回答者:まさはる

仕事を探すにはいくつか方法があります。その前に、精神障がいについて理解のある職場で働きたいか、またはできれば障がいをオープンにせずに働きたいか、どちらかによって探し方に違いがあります。

後者であれば、一般的な方法で探す事になります。ハローワーク、新聞等の折り込みチラシ、求人情報誌、ネット求人サイトなどです。

前者の場合、まずハローワークの障がい者担当窓口があげられます。ここを利用するには障害者求職登録手続きが必要です。主治医の意見書(所定の用紙有)の提出を求められます。また、障害者就業・生活支援センターも各都道府県に設置されています。ここでは、ひとり一人にあった仕事をハローワークと連携して紹介したり、職場実習やトライアル雇用などの制度を活用したり、ジョブコーチとして職場を訪問したりします。仕事のことだけでなく、生活面でのサポートも受けられます。せっかく仕事がみつかっても生活面が安定していないと、仕事に集中できなかったり、休みがちになったりと落ち着いて仕事ができなくなります。地域障害者職業センターも各都道府県に設置されていますが、ここでは職業評価(どんな職業に向いているか)や職業訓練を受けることができたり、ジョブコーチを派遣してくれたりします。

現在、かかりつけの医療機関の精神保健福祉士や、相談支援事業所の相談員、地域の保健師など、身近な専門職の人に、仕事探しを始めたいと相談してみましょう。適切な方法と利用できる機関や制度を教えてくれるはずです。

参考:厚生労働省障害者雇用関連サイト http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha02/

暮らしTOPに戻る