HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 暮らし > 困った時に相談できるところがほしい

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

困った時に相談できるところがほしい

回答者:ガンちゃん

皆さんは、困った時にどなたに相談をしていますか。ご家族と同居している場合は、家族に相談することも多いと思います。皆さんの多くは、気軽に相談できる仲間や友人がほしいのかもしれませんね。統合失調症になる前からの友人、病気や障害についてわかちあえる友人は、いつでも皆さんの相談に乗ってくれることでしょう。友人がほしい人は、このコーナーの「友人や恋人がほしい」を参考にしてください。

さて、実際には、困った時に相談できる人、相談できる機関はいろいろあります。 医療機関を初めて利用する時や、変更したい時、もう少し上手に利用したいといった時の相談は、都道府県の保健所や市町村保健センターの保健師、精神保健福祉士と相談することができます。精神科医師による相談日を設けているところがあります。

病気や治療、生活のしかた、社会福祉制度の利用に関することは、もちろん、現在、利用している医療機関の主治医、看護師、精神保健福祉士などに相談することができます。

急に調子が悪くなった場合の相談窓口を決めておくといいですね。まずは、主治医への連絡となりますが、都道府県によっては、夜間・休日の窓口として精神科救急情報センターを設置しています。

障害福祉サービスを利用している皆さんは、そのサービス事業所の職員の皆さんにも相談することができます。

他にも、相談内容に合わせて専門の機関を利用することができます。就労に関すること、年金に関すること、財産に関することなどもあるでしょう。どこに何を相談すればいいのか迷ってしまったら、市町村の障害福祉の担当窓口か市町村が委託をしている相談支援事業所をおたずねください。

ご家族以外にも相談ができる人ができると、気持ちにゆとりが出てくると思います。

暮らしTOPに戻る

暮らしと仲間