HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 暮らし > 使えるサービスにはどんなものがありますか?

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

使えるサービスにはどんなものがありますか?

回答者:ガンちゃん

障害者総合支援法(旧.障害者自立支援法)の障害福祉サービスには、「介護給付」と「訓練等給付」があります。
また、市町村が行うサービスには「地域生活支援事業」があります。

「介護給付」のホームヘルプサービスは、在宅で入浴、排せつ、食事の介護を受けるサービスです。ショートステイは、在宅で介護する人が病気の場合などに、短期間施設に入所して介護を受けることができます。
「訓練等給付」の自立訓練では、自立した日常生活や社会生活ができるための訓練を行い、就労移行支援では、就労に必要な知識や能力の向上を目指した訓練を行います。
「介護」や「訓練」という言葉が使われていますが、私たちが日常的に使う言葉のイメージとは少し違います。ホームヘルプサービスでは、生活する力をつけるために、ホームヘルパーに料理の仕方や部屋の片付け方を教わることができます。就労移行支援は、仕事を続けていくために必要な知識を学ぶ場所と考えたほうがいいでしょう。
市町村の「地域生活支援事業」では、市町村が委託している相談支援事業所に相談することや地域活動支援センターを利用することができます。
詳しいサービスの内容や利用方法は、市町村の障害福祉の担当窓口や、市町村が委託している相談支援事業所にお尋ねください。




A ホームヘルプ
A 重度訪問介護
A 行動援護
A 児童デイサービス
A ショートステイ
B 重度障害者等包括支援
B 療養援護
B 生活介護
C ケアホーム
C 夜間ケア




B 自立訓練
B 就労移行支援
B 就労継続支援
C グループホーム
A…訪問・通所系
B…日中活動
C…居住支援







利用者の相談支援
手話通訳などのコミュニケーション支援
日常生活用具の給付・貸与
移動支援
地域活動支援センターの機能強化
福祉ホーム
居住支援
生活介護
その他の日常生活または社会生活支援

暮らしTOPに戻る

暮らしと仲間