HOME > お薬について > 薬の飲み忘れ対策 みんなのアイデア大公開!

薬の飲み忘れ対策 みんなのアイデア大公開!

統合失調症では、正しく治療を続けて再発を防ぐことが一番大切です。でも、「つい飲み忘れてしまった・・・」という経験はありませんか?
このコーナーでは、統合失調症の皆さんが毎日きちんと薬を飲むために実際に行っている工夫について紹介します。あなたにぴったりの方法が見つかるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

監修:
内野俊郎先生(久留米大学医学部医学科神経精神医学講座 講師)
坂本明子先生(久留米大学文学部社会福祉学科 准教授)

第9回ご飯が食べられない時でも、口当たりのよいプリンで服薬も安心!

紹介者:さとゆみさん 33歳 女性

私のやり方

  • 冷蔵庫にプリンを常備。朝などご飯が食べられないときは、さっと食べられ口当たりがよいプリンを食べてから薬を飲みます。
  • 薬を飲んだらスケジュール帳にチェックしておきます。
  • 外出時、薬は大好きなポーチに入れて、財布にも予備を入れておきます。

ココがポイント!

ポイント1
空腹時に「食後」の薬を飲むのは心配で、飲まないことがありました。プリンだけでも食べておけば服薬をためらわずに済みます。
ポイント2
スケジュール帳を開いて1日の予定を確認するとき、薬を飲んだかどうかも確認できる!
ポイント3
大好きなポーチは忘れにくいし、万が一忘れても予備があるから大丈夫。

さとゆみさんのコメント

現在、東京都にある精神科病院ピアスタッフとして勤務しつつ、WRAP* のファシリテーターも務めています! 最近はソーシャルワークのお仕事も始めました。

統合失調症になって15年、現在は自分らしい充実した生活を送っています。自分らしく生きるために何よりも大事なことは、自分の病気や人生を自分自身がコントロールできている実感があることです。薬はそれを助けてくれる道具の一つです。薬を飲むのは嫌な人もいますよね。私もそうでした。病状が安定してからは、減薬サポートグループで出会った仲間や医師、薬剤師などからサポートを受けながら、主治医と二人三脚で減薬を進めています。また、薬以外にも、最近始めたヨガで身につけた朝の5分間の瞑想が私の「元気の道具」として、生活に潤いや楽しみをもたらしてくれています。

* WRAPについては「すまいる君が行く!」でもご紹介しています。

PSW(精神保健福祉士)からのメッセージ

さとゆみさんはWRAPを使っていらっしゃることもあってか、自分らしく生きていくことにとても主体的です。病気がさとゆみさんのやりたいことの妨げにならないように、外出時の服薬や朝食後の薬の服用に特に気を付けていらっしゃいます。調子が悪くなるとさらに食欲が落ちることもあるのだそうです。だからこそプリンやゼリーなど口当たりの良いものを用意しておいて「食べられないから薬が飲めない」ことがないようにする、というのはとても実感のこもったアイデアだと思います。

(坂本)