こころの健康情報局 すまいるナビゲーター 子どもの自閉スペクトラム症

指摘されたり、気になることがあったら、
まずは「発達相談の窓口」へ

育児書などで「発達の目安」を目にしたり、同じ年齢のほかの子と比べたりして、わが子の発達に心配や不安を感じたことがあるという保護者の方は少なくありません。「よその子はもうつかまり立ちができるのに…」「いつになったら言葉が出るのかしら…」など、気にし始めると心配は尽きません。でも、子どもはみんな同じ発達をするわけではなく、発達の早い子もいれば遅い子もいます。「発達の目安」に示されているのはあくまでも な子どもの姿に過ぎませんし、「生後●カ月までにこういう発達をしていなければならない」といったノルマでもありません。「発達の目安」に合わせることを目指すよりも、お子さんの特性に合わせた育て方を考えていくことの方が大切です。

お子さんの発達に心配や不安がある場合には一人で悩まずに、まずは自治体の発達相談窓口に気軽に相談してみましょう。ほかにも地域の発達障害者支援センターや保健センターでも相談に応じてもらえます。

お子さんの発達が気になる方へ

受信サポートすまいる手帳近くの病院を探す!