HOME > 暮らしと仲間 > 疾患を超えて > 「闘病生活から見つけた私の居場所そして生きがい」

疾患を超えて

私の体験談

体験談、居場所、生きがい
「闘病生活から見つけた私の居場所そして生きがい」

私が双極性障害を患ってから10年経つが、その間、絶えず私に付きまとった問題は自分とは何者なのか、病気と共に生きることはどのような営みであるかという実存的で、私という存在の本質そのものへの懐疑だ。

厳しい現実と苦しい症状に一度は目を逸らし、捨て鉢になる。しかし、そこからまた僅かな希望を抱き現実と折り合いをつけ自分なりの人生を切り開く。そんな事の繰り返しですこしずつ運命を受け入れていく。新しい扉を開くたびに挫折と再生を経験し私の精神は形作られていく気がする。私が10年間の闘病生活で得た自分の生きがいはこういった心の奇跡を辿る旅を続けることである。自己とは一番近くにまた一番遠くに存在し制し難いものである。だから一生をかけて探求する楽しみがある。病気はそのきっかけを与えてくれた片道切符のようなものである。

また、病気が私から奪ったものは多々あるが得たものも同じくらいにある。楽しいはずの青春時代は甘い恋愛を経験することも、友人と将来について語り合うことも無く過ぎていった。代わりに病気と向き合いひたすら孤独な作業の続く日々であった。最初の数年間は、この孤独に押しつぶされそうな状態が荒波のように押し寄せてきた。最近ようやく心には平穏な微風が吹く状態である。それはこういった心の変化から辿り着いた考えであるが、人は常に自分に無いものを求めつづける習性がある。無いもののため自分の持ち合わせているものに不満を抱き満たされていない感覚である。私は闘病生活の中から自ら足ることを覚えた。
健康を失うことは苦痛であり困難であるが、困難とは苦しむためにあるのではなく乗り越えるためにあると思う。だから適度に悩むことは私の生きがいである。

ペンネーム:運命と意思(本人)