HOME > お薬について > あなたに合った薬と出会うために > あなたに合った「薬」は、歩きやすい「靴」と似ています

あなたに合った薬と出会うために

あなたに合った「薬」は、歩きやすい「靴」と似ています

目的にあった靴の種類を選ぶ(スニーカー、ブーツなど)
靴のサイズや重さ
足のトラブル(靴ずれなど)
あなた好みの色やデザイン
靴の履きごこち

総合失調症の治療は長期にわたります。「薬」は、用量によっては十分な効果を得られませんし、困った副作用が発現する場合もあります。また、生活パターンに合った服用回数や剤形、飲みごこちや使い勝手など、印象の良い薬を選ぶことも、長く飲みつづけるためのポイントです。
*抗精神病薬の剤形には、経口剤(錠剤、口腔内崩壊錠、液剤、細粒剤)や持続性注射剤(LAI:エル・エイ・アイ)があります。

リカバリーへの道を快適に歩いて行くためには、専門家と相談しながらあなたの足にぴったり合って、長く歩き続けられる、歩きやすい「靴」選びが大切です。

ページの先頭に戻る