HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 活き活き暮らす > 障害者スポーツについて教えてください

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

障害者スポーツについて教えてください

回答者:ガンちゃん

障害者スポーツは身体障害者の医学的にリハビリテーションとして始まったものです。従来の精神障害者のスポーツは、入院している人のレクリエーション、作業療法、デイケアのリハビリテーションプログラムとして行われていました。

競技としての障害者スポーツのひとつに、バレーボールがあります。2001年に第1回全国障害者スポーツ大会(宮城県)の関連事業として開始されて、2002年第2回全国障害者スポーツ大会(高知県)のオープン競技となり、2008年第8回全国障害者スポーツ大会(大分県)から正式競技となりました。

全国大会は、都道府県の代表として、全国の6ブロックを勝ち抜いてはじめて出場できます。バレーボールの地区大会、カップ戦などが行われている都道府県もあります。クラブチームも増えてきました。

また、競技人口が急速に増えている競技としてフットサルがあります。フットサルの全国大会も開催されています。各地域やブロックによるリーグ戦やカップ戦も始まっています。また、Jリーグの社会貢献としての協力も得ています。

その他、みなさんの目標に合わせて、卓球、ソフトボール、グランドゴルフ、太極拳、スポーツ吹き矢など地域ごとに様々な活動が行われています。スポーツは、私たちが健康で活き活きと生活していくための大切な活動です。地域活動支援センターなどのスポーツ活動に参加する人、障害者のクラブチームに加入する人、地域のいろいろなスポーツ同好会に参加する人、みなさんも自分にあった活動を始めてみませんか。

詳細は、市町村の障害福祉担当窓口や、市町村の委託相談支援事業所、地域活動支援センター、都道府県の障害者スポーツ協会におたずねください。

活き活き暮らすTOPに戻る