HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 活き活き暮らす > 余暇を上手に使いたい

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

余暇を上手に使いたい

回答者:ガンちゃん

日本人の好きな余暇には、「テレビ」「ごろ寝」「おいしいものを食べに行く」「DVD・ビデオを見る」「新聞を読む」「ショッピング」「本や雑誌を読む」「友人・知人とつきあう」「旅行」などがあります。

余暇は、一日のうちで労働の合間に生じる時間のことです。余暇活動は、労働に限らず、日中活動の合間にする活動のことです。

皆さんは、余暇をどのように過ごしたいと思いますか。一人で趣味に打ち込みたい人もいるでしょう。のんびり過ごしたい人もいるでしょう。友だちや仲間と楽しく過ごしたい人もいるでしょう。

楽しみをみつけると日々の生活にも励みが出てきます。つらい仕事も楽しみがあると乗り越える力になります。

さて、楽しみをつくる方法ですが、一般の公民館などのサークル、カルチャースクール、スポーツクラブに入会する方法や、語学教室や料理教室などに参加する方法などのほか、地域活動支援センターのサークル、精神障害者の当事者会、働いている精神障害者の会などに参加する方法があります。

皆さんと同じように、余暇をどう過ごそうかと思っている人はたくさんいます。でも、自分から声をかけるのは躊躇してしまうものです。「シーズンスポーツサークル」という、季節ごとにいろいろなスポーツを行うサークルがありますが、「余暇活動を充実する会」を仲間と結成して、みんなでいろいろな活動をしてみるのも一つの方法です。

活き活き暮らすTOPに戻る