HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 医療 > 眠剤はくせになりませんか?

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

眠剤はくせになりませんか?

回答者:マミ

多くの統合失調症患者さんは、睡眠障害があり、就寝前のお薬を服用していらっしゃいます。「寝つきが悪い」、「夜中に目が覚めてから再入眠しにくい」、「眠りが浅い」、「朝なかなか起きられない」など、さまざまな症状や状態に合わせて、主治医の先生が処方して下さっていると思います。

さて、ご質問のように「くせにならないか?」と同じくらい、「だんだん薬が強くならないか?」と心配される方も多いのではないでしょうか? 就寝前のお薬は、上記のような状態に応じて処方されるものなので、睡眠の状態や、服薬の時間などの服薬状況、日中の過ごし方などもきちんと伝えながら、相談していけば、決してご心配のようなことはありません。

どちらかというと「服薬しないと眠れないのではないかと不安」という、精神的に依存してしまう場合が、多いようにも見うけられます。就職など、日中の活動が充実してくると、就寝前のお薬を服用しなくても眠れるようになったという方も多くいらっしゃいます。

いずれにしろ、眠剤は必ず服用しなければならないということではありません。状態にあわせて必要な眠剤が処方されるよう、ご自分の睡眠の状態をよく見極めて、主治医と相談していくことが大切です。

医療TOPに戻る

暮らしと仲間