HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 医療 > 薬を長く飲み続けても、身体に影響はないですか

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

薬を長く飲み続けても、身体に影響はないですかNEW

回答者:マミ

主治医から、「長期間服薬をする必要があります」と説明を受けている方は多いのではないでしょうか。皆さんが服薬しているお薬は、長期間服用しても安全だと認可を受けている薬が処方されていますので、この質問へのお答えは「影響はないと思います」ということになります。しかしながら、身体の健康状態をチェックするために、毎日体重を測ったり、定期的に血液検査を受けるようにしましょう。

一方で、身体に影響なく、そして服薬は必要だと理解していても、長期間薬を飲み続けなければならないことにストレスを感じる方も多いと思います。人によっては多少の副作用がでる場合もありますし、副作用はあまり感じていなくても、薬の量や種類の多さ、服用した時の味や、服用の時間や回数が、服薬のストレスになっている場合もあります。このようなさまざまなことから、服薬を自己判断でやめてしまう方もいらっしゃることは事実です。

副作用かなと思った場合は、できるだけ早く主治医に相談し、解決しましょう。また、薬の量については、激しい症状がおさまれば、症状の悪化を防ぐ予防的な服薬となり、量も少なくなると聞いています。仕事などの生活パターンにあわせて、一日の服薬回数や時間を主治医と相談することもできます。

統合失調症の再発の原因のひとつに、服薬中断があげられています。主治医やスタッフと相談し、できるだけ服薬に関するストレスを軽減し、病気とうまく付き合っていきましょう。

医療TOPに戻る

暮らしと仲間