HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 医療 > 退院したいのですが、先生がなかなか許可してくれません

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

退院したいのですが、先生がなかなか許可してくれません

回答者:マミ

まず、「退院」について必要な事項を考えてみましょう。

「退院」の前提として、まず第1に考えなくてはならないのは病気の状態です。病状が安定しているかどうかということに加えて、不調になったときの対処法を知っていたり、服薬を続けたりして、自らの病気の自己管理ができるかどうか、ということも大切です。

次に、ご家族が退院に同意あるいは了承していらっしゃるかということ。そして、住む場所が確保されているかということが退院の前提となります。

また、生活をしていく上で必要になる要素もいろいろあります。食事の準備ができるか、掃除や保整ができるか、生活費のやりくりができるか、危険から身を守れるか、火の始末ができるか、困ったときに相談できる人がいるのかなどなども、退院に向けて考えなくてはならない要素です。

退院の許可がでない理由には、きっと上に書いた事項の何かに、不安や心配があるからではないでしょうか?入院中に受ける治療やリハビリテーションにより解決する問題もあるでしょう。また、さまざまな支援制度の活用で補えるものもあります。

何よりも、退院したいという気持ちを持ち続けることが、とても大切です。各都道府県で、退院に向けての支援を行う「地域移行支援事業」も実施されています。主治医や精神保健福祉士などの治療スタッフによく相談しながら、退院めざして頑張ってください。

医療TOPに戻る

暮らしと仲間