HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 医療 > 医療機関の精神保健福祉士には、どんなことが相談できますか?

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

医療機関の精神保健福祉士には、どんなことが相談できますか?

回答者:マミ

多くの精神科病院では、精神保健福祉士が採用され、入院病棟、外来、デイケア、医療福祉相談室などに配属されています。最近では、病床を持たないクリニックにも配属される精神保健福祉士も見られるようになっています。精神保健福祉士は1997年に国家資格化された、精神保健福祉分野で働くソーシャルワーカーで、医療機関ではPSWやケースワーカーなどとも呼ばれています。

精神保健領域の疾病を持った方や障害を持った方が、安心してその方らしい生活を送ることを目的に、関係機関と連携をとりながら支援し、場合によっては、住みやすい地域社会をつくるための働きかけを行っています。

具体的には、療養上の問題、医療費や生活費などの経済問題、各種制度・社会資源の利用、復学・復職、就労、住居、家族関係、権利擁護などの社会生活における諸問題を福祉的な視点で、ご本人自らが課題解決に取り組めるよう支援していきます。

詳しくは、社団法人日本精神保健福祉士協会ホームページなどをご参照ください。

医療TOPに戻る

暮らしと仲間