HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > パソコンがうまくなりたい

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

パソコンがうまくなりたい

回答者:まさはる

精神病を若くして患った方の中には、なかなかパソコンに触れる機会がなく、世間に取り残されたと感じていらっしゃるということもあると思います。中には「パソコンを触ったら壊してしまうのでは」と思っていたり、「もう今さら」、「パソコンなんて高くてどうせ買えないし」と思っている人はいないでしょうか?少なくともこのサイトを見ている人はすでにパソコンを使用しているので、大丈夫ですね。

さて、上記のような方でも、パソコンができるようになりたいと思っていたり、「パソコンがうまくなりたい」と思っているならば、まずお近くの相談支援事業所かお住まいの市町村障害者支援担当課に相談してみてください。相談支援事業所の中には、地域活動支援センターを併設していて、ゆるやかな日中活動を行っているところもあり、そこで初心者向けのパソコン教室を開いている場合があります。中には就労継続支援事業所や就労移行支援事業所でも行っているところもあります。ただし週に一回程度のところが多く、早く上達したいと思う人には物足りないかもしれません。

もちろん、経済的に余裕のある方は一般のパソコンスクールに通うのが手っ取り早いですが、それなりにお金がかかります。市町村によっては、市民向けのパソコン教室を開催しているところもあり、無料や安価で参加できることが多いようです。

ハローワークでも、職業能力開発校の講座として、障害者向けのパソコンスキル向上とビジネスマナーを身につけられる講座などをやっている場合があります。委託訓練事業という制度でも、同じような講座を地域の企業や社会福祉法人、NPO法人に委託してやっているところもあります。これらは一日5時間程度で、毎日やそれに近い日数で3ヵ月程度行うので、かなりの上達が見込めますし、テキスト代程度の出費で講座自体は無料のことが多いです。さらにハローワークの講座では、訓練手当がでる場合もあります。ハローワークに障害者担当窓口がありますので、そちらに相談してみるとよいでしょう。

暮らしTOPに戻る