HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 資格や免許をとりたい

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

資格や免許をとりたい

回答者:まさはる

就職や運転のために、資格や免許をとりたいという希望をお持ちの方は多いと思います。特に10代で発病された方など、一般的に周りの人が取得されている普通自動車免許を欲しいという方や中には高校中退のため、高校卒業資格を欲しいという方もいらっしゃいます。

以前は、精神疾患があるということで取得ができなかったり、更新できなかったりする免許や資格もありました。今はすべての資格や免許で、相対的欠格事由といって、その病気が安定していれば取得や更新が可能になっています。ただし、病状が悪化している場合は、免許や資格を一定期間停止するなどの規定になっています。

たとえば運転免許ですが、以前は(厳格な適用はされていませんでしたが)、精神疾患があることで免許の更新ができない条項となっていました。これが2002年6月に改正された道路交通法では、運転免許の取得や更新時に、「免許申請書等の病気の症状等申告欄における申告事項」というアンケートをとるようになり、そこに医師から免許取得や運転を控えるよう助言を受けているかという設問があります。これにをつけると、「運転適正相談」を受けて医師の診断書を提出することになります。

他の資格等でも、取得に際し条件を付されることはあっても、基本的に取得は可能です。ご自身で目指している資格や免許がありましたら、是非頑張ってチャレンジしてみてください。

暮らしTOPに戻る