HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > ジョブコーチはどんなことをしてくれるんですか

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

ジョブコーチはどんなことをしてくれるんですか

回答者:まさはる

ジョブコーチとは、障がいがある方の職場定着を目的に職場訪問などを行う支援者です。

地域障害者職業センター(http://www.jeed.or.jp/jeed/location/loc01.html#03参照)というところが窓口となって、働いている(これから働く)方からの依頼、または雇用している企業からの依頼で、特別な研修を受けたジョブコーチが派遣されます。また障害者就労支援センターや障害者就業・生活支援センターなどの職員も職場訪問などを行いますので、広い意味でジョブコーチと捉えることもできます。

具体的にどのようなことをするかといいますと、事前にご本人と会うことができれば、面接をしていろいろとその人の情報を聞き、どんなことが得意なのか、どんなことが苦手なのか、今困っていることは何かなどを把握した上で、職場を訪問します。そして、職場の上司や担当者、同僚などとの関係調整や、うまくできないことについて原因を分析して、本人に伝えて練習したり、職場の上司に仕事の仕方の変更や配置換えを頼んだりもします。また、必要に応じて一日付き添ったり、連日訪問したりもします。

目的は職場定着ですので、本人だけではなく、会社側からも情報を得て、仕事が長く続くように双方を支援します。

暮らしTOPに戻る