HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 仕事を続けるための、秘訣を教えてください

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

仕事を続けるための、秘訣を教えてください

回答者:まさはる

秘訣ですか…、難しい注文ですね。どんな仕事でも、これをすれば続けられるといえることって、ありそうでない気がします。もちろん、遅刻や欠勤をしないとか、挨拶をきちんとできるなどのマナーが身についていることは仕事を続ける上では大切なことですが、当たり前すぎて、秘訣とは言えませんね。仕事に見合った体力があることや、精神科の病気を抱えているなら、服薬の大切さです。仕事を続けるために必要なことを挙げれば、切りがないですが、あえて秘訣といえるものを挙げるとしたら次の二つをお勧めします。

まずは、仕事選びについてです。続けることを念頭におくのであれば、あまり高望みせず、体力面、精神面、その仕事上で必要とされるスキル、それらに余裕をもってできる仕事を選ぶことだと思います。もちろん、自分のやりたい仕事はハードルが高くてもチャレンジするのはいいことだと思いますし、応援したいと思います。ただ仕事を続けるということに主眼を置くと、余裕が必要と思います。

次に、笑顔でいられること。障害者雇用で働くなら尚のこと、笑顔で挨拶、笑顔で受け答えができることは、周囲へよい印象を与えますので、職場での人間関係を良くします。笑顔でいると、ナチュラルキラー細胞も活発化し、ストレス耐性も高まります。その結果、仕事は長続きしやすくなります。

もうひとつ加えると、相談できる人をなるべく多く作っておくことです。職場内、職場外(専門職、友人、家族、親戚…)どちらにも相談できる人がいるといいですね。精神障害を抱えながらの就職活動であれば、専門の支援機関を利用することをお勧めします。障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターなどが相談や職場訪問などの支援してくれます。

なかなか仕事が長続きしないという方も多いと思いますが、もう一度余裕をもってできる仕事を探してみませんか? 障害を持っていても、生涯働ける仕事を見つけられるよう、頑張ってください。

暮らしTOPに戻る