HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 仕事がなかなか覚えられない

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

仕事がなかなか覚えられない

回答者:まさはる

精神疾患の中には、症状として、記憶障害が起こり、なかなか教わったことを記憶にとどめることが難しい人がいます。また認知機能の障害により、教わっている仕事そのものをきちんと理解できなかったりすることもあります。

仕事の向き不向きもありますが、その仕事を本当に続けたいと思っているのであれば、がんばって様々な工夫をしてみましょう。たとえば、簡単な仕事であっても、教わったことは必ずメモを取るようにするのも一つです。自分ではなかなかメモをとることが難しい場合もあります。その際は、理解のある職場であれば、仕事を教えてくれる方にお願いして、仕事の内容を文章化してもらうことをお願いしてみましょう。それも難しいようであれば、どなたか支援してくれる専門職の人に職場を訪問してもらい、仕事を覚えるまで寄り添ってもらい、わからなくなったら教えてもらう方法もあります。

地域障害者職業センターという機関は、そのような専門職を派遣するジョブコーチ制度の窓口になっています。まずはかかりつけ医療機関のソーシャルワーカーやご利用されている施設職員、お住まいの市町村の障がい者担当窓口、相談支援事業所などに相談してみましょう。

暮らしTOPに戻る