HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 働く・学ぶ > 自分に合う仕事がわかりません

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

自分に合う仕事がわかりません

回答者:まさはる

自分に合う仕事がわからないという相談はよく耳にします。働いたことがなくてどんな仕事をしたらよいかわからないという方や、いろんな仕事をしたがうまくいかなかったので、今度は向いている仕事をしたいという方もいらっしゃいます。

各都道府県に設置されている地域障害者職業センターというところで、「職業評価」をしてくれます。そこでは職業能力等を評価し、どのような分野の仕事が向いているのかを教えてくれますので、相談してみるとよいでしょう。予約制になっていることが多いので、まずは電話で問い合わせをしてみましょう(全国の連絡先は下記アドレス参照)。

ただし、「職業評価」はあくまで就職活動の参考にするもので、それで向いていると判定されたからといって職種を短絡的に決めることは必ずしもお勧めしません。自分がどんな仕事をしたいのかを探す参考にすることが大事です。

自分がどんな仕事をしたいのかという希望をもっていることはとても大事なことです。就職活動は、まずそこからスタートして相談を進めていきます。なかなか希望の職種や条件では見つからないこともあります。そんな時に、どの部分の条件なら変えてもいいかを相談しながら、自分で考えて決めていきます。こうして決めていった仕事は、自分でもある程度納得してチャレンジできると思います。

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ地域障害者職業センター一覧
http://www.jeed.or.jp/jeed/location/loc01.html#03

暮らしTOPに戻る