HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 人間関係 > ピアカウンセリングについて教えてください。

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

ピアカウンセリングについて教えてください。

回答者:ガンちゃん

ピアカウンセリングは、ピアサポートの基本的な姿勢のことです。ピアサポートは、同じような環境や悩みといった何らかの共通点を持つピア(仲間)による相互支援活動のことです。ピアカウンセリングは、「私たち当事者のことを最もよくわかっているのは、私たち自身」という考え方を基本にしています。お互いに平等な立場で語り、そして聴くことを言います。

ピアカウンセリングは1970年代初め、アメリカで始まった自立生活運動の中でスタートしました。障害者自身がピアカウンセリングを通して、自己決定権(自分で決める権利)や自己選択権(自分で選択する権利)を育てあい、支えあい、社会参加すること、エンパワメントすることを目指したものです。

ピアカウンセリングは、語ることと、聴くことで成り立っていますが、体験を通した語りと傾聴は、互いのこころを癒すことになります。

ピアカウンセリングは、「私たちは、チャンスを得ることで、ほとんどの日常的な課題を自分の力で解決できる」ということを基本としています。ピアカウンセリングによって、問題を解決するための手助けをします。ピアカウンセリングでは、相手の話にひたすら耳を傾けることと、同じような経験を分かち合うことが大切です。「私も同じようなことがあった」「私も同じように感じた」「私の時は○○だった」と「私」を主語にして「私の経験」を伝えましょう。お互いに話し合ったことは外に漏らさない等の秘密を守ることも大切なことです。

ピアカウンセリングについては、学習会も広がって来ています。まずは、基本的考え方や方法を学ぶことをおすすめします。

詳しくは、市町村の障害福祉担当の窓口、市町村の委託相談支援事業所にお尋ねください。広域の情報については、都道府県の精神保健福祉センターにお尋ねください。

人間関係TOPに戻る