HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 人間関係 > うまく会話が続きません

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

うまく会話が続きません

回答者:ガンちゃん

会話が続かないと気まずくなります。会話がうまくいかないと思うと、ますますできなくなってしまうものです。ではなぜ、会話が続かないか考えてみましょう。

統合失調症になったことで、人によっては、他人の視線が気になったり、どうしても否定的にとらえてしまったり、嫌われているのではないかと不安になったり、臨機応変な対応が苦手であったり、ということがあるかもしれません。人と接すること自体に臆病になってしまうこともあるでしょう。皆さんが、会話が続かないときは、①自信が持てない、②人見知りをする、③考えすぎてしまう、③うまく言葉をかえせない、④話題がない、などが考えられます。

反対に、皆さんは、どんな人とは会話が続くのか考えてみましょう。①皆さんの話をよく聴いてくれる人、②笑顔で話を聴いてくれる人、③話を最後まで聴いてくれる人、④タイミングよく相槌をうってくれる人、⑤上手に質問してくれる人、⑥わかりやすく話をしてくれる人、⑦時にほめてくれる人、⑧共通の話題のある人、ではないでしょうか。

ここにヒントがあります。まずは、相手の話を笑顔で最後までよく聴くこと、相手の話に関心を示すこと、相槌をうって質問すること、を心がけてみましょう。

自分の話しをするときは、「私は」を主語にすること、センテンスを短くすること、わかりやすく伝えることを心がけましょう。話をしているうちに、何を話していたのかわからなくなることもよくあることですから。

実は、会話を続けることに悩んでいる人はたくさんいるのです。巷では、「会話を続けるためのマニュアル本」があふれています。自分だけが会話が苦手なんだと思わずに、できる工夫を少しずつ始めてみましょう。

人間関係TOPに戻る