HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 人間関係 > 友だちや恋人が欲しいのですが

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

友だちや恋人が欲しいのですが

回答者:ガンちゃん

友だちや恋人が欲しいというのは、ごくあたりまえのことだと思います。
友だちとは、お互いの価値を認め合い、相手のためにできることをしようという友情によって成り立ちます。恋人とは、お互いに恋しあうという恋愛感情によって成り立ちます。
友だちにしても、恋人にしても、相手を大切に思う気持ちが大事です。でも、私たちは、とかく自分のことをわかってほしい気持ちが先にたって、友だちや恋人がほしいと思ってしまうものです。

まずは、友だちや恋人にわかってもらいたい自分の気持ちを考えてみましょう。そして、統合失調症となり、いろいろな困難がありながらも懸命に歩んでいる自分のことを認めてみてください。このように自分のことを大切する気持ちを育んでいくと、今までは自分のことで精一杯で見えなかった、相手の良いところや素敵なところが見えてくると思います。

さて、皆さんが病気をしたあと没交渉となっていた友だちは、皆さんの連絡を待っていることがあるかもしれません。皆さんが思うほど、友だちは病気のことを「友情の障害」とは考えてはいないのではないでしょうか。
新しい友だちもつくりましょう。趣味を通した友だち、活動を通した友だち、サークルなどに参加して友だちをつくることもできるでしょう。なかなか、最初の一歩を踏み出すのが苦手な人は、市町村の障害福祉の担当窓口や、市町村の委託相談支援事業所にお尋ねください。友だちづくりを一緒に考えてくれると思います。

人間関係TOPに戻る