HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 暮らし > ひとり暮らしをしたいが、どうしてよいかわかりません。

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

ひとり暮らしをしたいが、どうしてよいかわかりません。

回答者:マミ

「ひとり暮らし」というと、ご家族から「心配」、「調子を崩す」など反対されたり、ご自身も「本当に大丈夫か不安」、「さびしい」などという声が聞かれます。
たしかに「ひとり暮らし」の実現にはいろいろな要素が必要です。

・ 住まいや生活費の確保ができるか
・ 買い物ができるか
・ 食事の準備ができるか
・ 住まいの掃除ができるか
・ 入浴や更衣、洗濯ができるか
・ 金銭管理ができるか
・ 金融機関や交通機関の利用ができるか
・ 服薬や症状の安定など健康管理ができるか
・ 困ったときに相談できる人がいるか、または、そのような機関があるか
・ 困ったときに相談できるか(本人の姿勢として)
・ 戸締りや火の始末などができるか
・ 危険から身が守れるか
などなど

これらが完璧にできる必要はありませんが、自分のできることと不得意なことを明確にして、不得意なことは助けてもらったり、補ってもらえる制度やサービスを利用することをお勧めします。
また、すぐに、ひとり暮らしが難しい場合には、ひとり暮らしの練習ができるグループホームやケアホームなどの居住支援施設への入居などの段階を踏むのも、自信をつけることになり、家族の不安解消にもつながります。
いずれにしろ「ひとり暮らし」には、たくさんの準備や手続きなどが必要であり、ご自分の力だけでは克服できない課題も山積です。ご家族や主治医や精神保健福祉士など支援者に相談しながらすすめていきましょう。

暮らしTOPに戻る

暮らしと仲間