HOME > 暮らしと仲間 > 地域で暮らす疑問解決Q&A > 暮らし > 食事が偏っていると言われたのですが、どうしたらよいでしょう?

精神保健福祉士に聞く!
地域で暮らす疑問解決Q&A
地域で暮らすためのギモンに精神保健福祉士(PSW)が答えます!

食事が偏っていると言われたのですが、どうしたらよいでしょう?

回答者:マミ

「食事が不規則」、「好き嫌いが多い」ことや調理が面倒で「ワンパターンな献立」などが原因で食事がかたよっていると言われる方が多いようです。

偏食で一番心配なことは、肥満や脂質異常、鉄分、ビタミンの不足などから、合併症を誘発したり、悪化させたりすることです。

まず、食事は、朝・昼・晩三食きちんと取りましょう。特に、朝食は、一日の活力の源になり、とても大切です。パン食であれば、卵、牛乳、ヨーグルト、果物など、ご飯であれば、具だくさんの味噌汁、豆腐、納豆など、一品でもよいので加えてとりましょう。

また、調理をする時や惣菜を買うときは、できるだけ油物を避け、野菜や大豆製品を購入ように心がけましょう。外食をするときには、麺類、丼類よりは、定食を、お弁当の場合は、幕の内弁当など多くの食材を使ってあるものを選ぶとよいでしょう。

また、塩分、糖類や間食のとりすぎや、コーヒー、ジュースなどの嗜好飲料のとりすぎにも注意が必要だと思われます。

栄養のバランスを考えて食事をとることが大事とわかっていても、実行はなかなか難しいものです。自分ができる簡単な方法でやってみましょう。

暮らしTOPに戻る

暮らしと仲間