HOME > ご家族・身近な皆様へ > 回復を促す家族の接し方 > ご家族に知っておいていただきたいこと

回復を促す家族の接し方

ご家族に知っておいていただきたいこと

統合失調症の回復のためには、ご家族の協力が大きな助けになります。 病気を発症された当初は、ご家族も動揺したり混乱されることがあると思いますが、そんな皆様のために、病気の段階ごとに対応のポイントをまとめましたので、参考になさってみてください。

病気になったのはあなたのせいではありません

統合失調症は脳内の情報を伝える情報伝達物質のバランスがくずれておこる病気です。この病気は、薬を使った治療や精神科リハビリテーションを受けることによって、回復することができます。
ご家族やご本人が何かをしたから発症したわけではありません。
ご家族がご自身を責めたり、ご本人の将来を悲観する必要はないのです。

回復に向けたイメージを持って接しましょう

家族の接し方が治療の進み方に大きな影響を与えます。病気の症状や正しい治療法を理解し、回復に向けたイメージを持ちましょう。
ご本人にとって、病気のつらい症状をコントロールしたり、折り合いをつけられるようになることが、病気の苦しみを減らす第一歩です。
回復に向けたイメージを持つことは、ご家族だけでなくご本人にとっても大切なことです。

回復に伴走する気持ちで接してみましょう

子育てで大変だったころを思い出してみませんか?子育ては辛抱強く発達を見守る過程です。
その頃の気持ちになって、ご本人の話をよく聞いてあげ、甘やかしや過保護にならないよう気をつけながらご本人の回復に伴走しましょう。ただし子ども扱いしないのが原則です。一人の大人としてのご本人のプライドを尊重することが肝心です。

希望を持って、ゆっくり一歩一歩

希望を持って、目の前の小さな目標を一つ一つ達成することを目指しましょう。自信回復のため、できることから家庭や社会の中で役割をもたせてあげましょう。
できればさらに長期的な目標をもって取り組むことも大切です。