お薬について

すぐに主治医に相談すべき副作用

SSRIやSNRI、NaSSAをはじめとする新規抗うつ薬は三環系・四環系抗うつ薬に比べて副作用が少ない薬ですが、急な増量や減量、あるいは中断によって、下記のような重大な副作用が起きる可能性があります。主治医の指示に従って正しく薬を飲み、副作用が疑われる症状に気づいたら、すぐに主治医や薬剤師に連絡して指示に従いましょう。

副作用を先生に相談する女の子

副作用

セロトニン症候群
出現時期:薬の飲みはじめ/増量時 精神症状(不安、混乱する、イライラする、興奮する、動き回るなど)
錐体外路症状(手足が勝手に動く、震える、体が固くなるなど)
自律神経症状(発汗、発熱、下痢、脈が速くなるなど)
賦活症候群(アクチベーションシンドローム)
出現時期:薬の飲みはじめ/増量時 不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア(じっとしていられない)、精神運動不穏(精神的に不安定)、軽躁、躁病
中段候群(中止後症候群)
出現時期:薬の急な減量/中断時 ふらつき、めまい、頭痛、不安、嘔気、嘔吐、不眠など
表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile