お薬について

治療に用いられる薬

抗うつ薬

うつ病治療の基本となるのが抗うつ薬です。脳の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)の減少をうつ病の原因と考えるモノアミン仮説に基づいて開発されました。ただ、この仮説だけでは説明のつかないこともあり、うつ病のメカニズムはまだ明らかになっていませんが、抗うつ薬には一定の効果が認められています(詳しくは「うつ病が起きるメカニズム」をご参照ください)。

現在、日本で広く用いられている代表的な抗うつ薬はSSRI、SNRI、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)の3種類で新規抗うつ薬と呼ばれ、古くからうつ病治療に用いられてきた三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬よりも副作用が少ないのが特徴です。

抗うつ薬の種類

新規抗うつ薬

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
脳の神経伝達物質の中でもセロトニンの再取り込みを阻害することで神経細胞と神経細胞の間のセロトニンの量を増やし、情報伝達を増強して抗うつ効果を発揮すると考えられています。
薬剤名 適応症
バロキセチン うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害
フルボキサミン うつ病・うつ状態、強迫性障害、社会不安障害
セルトラリン うつ病・うつ状態、パニック障害
エスシタロブラム うつ病・うつ状態
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
脳の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの両方について再取り込みを阻害することで神経細胞と神経細胞の間のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、情報伝達を増強して抗うつ効果を発揮すると考えられています。
薬剤名 適応症
ミルナシブラン うつ病・うつ状態
デュロキセチン うつ病・うつ状態、糖尿病性神経障害にともなう疼痛
NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異性セロトニン作動性抗うつ薬)
SSRIやSNRIとは異なる作用でセロトニンとノルアドレナリンの放出を促進させる比較的新しい抗うつ薬です。
薬剤名 適応症
ミルタザビン うつ病・うつ状態
三環系抗うつ薬
四環系抗うつ薬
古くから抗うつ薬として用いられてきた薬で、現在はSSRIやSNRIに反応しない重症例や効果不十分例に使用されます。セロトニンとノンアドレナリンの再取り込み阻害作用がありますが、それ以外の神経伝達物質が受容体と結合する働きも阻害してしまうため、抗コリン作用による口の渇きや便秘、抗ヒスタミン作用による眠気などの副作用が強い薬です。四環系は三環系に比べて副作用は少ないといわれています。

三環系抗うつ薬

薬剤名 適応症
アモキサビン うつ病・うつ状態
アミトリブチリン 精神科領域におけるうつ病・うつ状態、夜尿症
イミブラミン うつ病・うつ状態、遺尿症(昼、夜)
クロミブラミン うつ病・うつ状態、遺尿症
ドスレビン うつ病・うつ状態
トリミブラミン 精神科領域におけるうつ病・うつ状態
ノルトリブチミン うつ病・うつ状態
ロフェブラミン うつ病・うつ状態

四環系抗うつ薬

薬剤名 適応症
セチブチリン うつ病・うつ状態
マブロチリン うつ病・うつ状態
ミアンセリン うつ病・うつ状態
表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile