お薬について

1.抗精神病薬はどんなお薬ですか?

抗精神病薬

抗精神病薬は統合失調症の治療の中心となる薬で、主として脳内のドーパミン神経の活動を抑えることにより、幻覚や妄想、考えをうまくまとめられない、気持ちをうまく表現できない、意欲がわかないなどの症状を改善し、また再発を防ぐ効果があります。

統合失調症の薬物療法での注意点

一般に統合失調症の薬物療法は、抗精神病薬を何種類も併用するのではなく、なるべく シンプルに 1種類を使って、量についても、効果が得られて副作用がなるべく少ない 用量に調整することが望ましいとされています。また、症状の調整に使われる薬についても、使わない、もしくはできるだけ少ない種類・量で、短期間の使用にとどめたほ うが良いでしょう。医師とコミュニケーションをとりながら、あなたに合った薬物療法 を見つけていきましょう。

表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile