家族や身近な皆様に知っておいていただきたいこと

2.大切な家族を守るために

再発の兆候を見逃さない

再発の際にどのような症状が最初に出てくるかは人によって異なります。 これまで躁状態になったときの様子を振り返ってみて、最初にどんな症状が出るか、どのようなストレスが再発を引き起こしやすいか、患者さんとご家族でよく話し合っておきましょう。 躁状態には患者さん自身には病気だという認識がない場合があります。そのため、家族の様子が変だと気づいた場合や再発の兆しがみられた場合、すぐに主治医に相談することが大切です。

自殺のサインを見逃さない

残念ながら、双極性障害の患者さんで自殺により亡くなってしまう方は少なくありません。 自殺は自らの意思で死を選ぶものと、考える方もいますが、双極性障害で自殺したくなるのは、病気の症状にほかなりません。 自殺の前には下記のようなさまざまなサインがみられることがあります。心当たりがある場合には、すぐに主治医に相談して予防しましょう。

自殺のサイン
  • 「死にたい」「消えてしまいたい」「遠くへ行きたい」
  • 自殺の準備をする、遺書を書く
  • 周囲の人に別れやお礼を告げ、大切なモノを渡す
  • 身の回りのものを整理する
  • 向こう見ずな行動をとる
  • 無茶な飲酒
自殺の危険を高める因子
  • 自殺未遂をしたことがある
  • 身近な人を自殺で亡くした
  • 最近の近親者の死
  • 最近の有名人や知人の自殺
  • 経済的損失
  • 本人を支える家族や友人がいない
表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile