双極性障害ABC

3. それってうつ病じゃないかも…

一般的に、患者さん本人は躁状態を病気だと認識できません。いつもよりも調子がよいと感じて、「これが本来の自分なのだ」と思う方もいます。そのため、診察を受けようと思うのは、気分が落ち込んで苦しくなったうつ状態のときがほとんどです。とくに双極Ⅱ型の軽躁状態はⅠ型のように激しくないので、うつ病と診断されてしまいがちです。海外では、うつ病の症状で受診した患者さんの16%が双極性障害だったという報告1) もあります。
また、混合状態といって、うつ状態と躁状態が混じって出現することもあります。
双極性障害のうつ状態であることに気付かれないまま抗うつ薬で治療を続けていると、うつ状態が治らないばかりか、急激に躁状態が出現(躁転)したりする恐れがあります。
とくに、三環系抗うつ薬と呼ばれる古いタイプの抗うつ薬では、躁転のほかに、1年のうちに4回以上も躁状態とうつ状態を繰り返す急速交代化(ラピッドサイクリング)を誘発してしまうことがあるので、注意が必要です。

残念ながら今のところ、診察で双極性障害によるうつ状態なのかうつ病によるうつ状態なのかを区別できる有効な方法はありません。実際、双極性障害の患者さんは正しい診断を受けるまでに、平均7.5年2) もかかっているといわれており、診断は容易ではありません。的確な診断のためには、過去に躁状態(例:忙しくて何日も徹夜をして仕事をした、急にいろいろなアイデアが浮かんできた等)になったことがなかったか、医師に正しく伝えましょう。家族や周りの方の意見も聞いてみると、本人も気がつかなかった躁状態に思い当たることもあります。受診の前によく話し合ってみましょう。また、ご家族や親戚に双極性障害の方がいる場合には、参考に医師に伝えるとよいでしょう。さまざまな情報があると、より的確な診断に結びつきやすくなります。

「うつ」病がなかなか治らない方のための簡易診断

1) Angst J, et al. Prevalence and characteristics of undiagnosed bipolar disorders in patients with a major depressive episode: the BRIDGE study. Arch Gen Psychiatry 2011 ; 68(8) : 791-798.
2) Ghaemi SN, et al. Is bipolar disorder still underdiagnosed? Are antidepressants overutilized? J Affect Disord 1999 ; 52(1-3) : 135-144.
表示モード モバイルサイト PCサイト
all for your smile