HOME > お薬について > お薬について > 治療に用いられる薬

お薬について

治療に用いられる薬

長期間にわたって服薬を継続することで症状を安定させ、社会復帰できるようになります。

気分安定薬

気分安定薬は、躁状態とうつ状態の治療と予防に効果があり、双極性障害治療の基本となる薬です。現在、日本で気分安定薬と呼ばれているものには、リチウム、バルプロ酸、カルバマゼピン、ラモトリギンがあり、使用されています。

非定型抗精神病薬

非定型抗精神病薬は、ドーパミンなどの神経伝達物質を遮断する薬で、統合失調症の治療などに用いられていますが、双極性障害の治療にも効果を発揮します。
気分安定薬と併用されることが一般的です。
現在のところ、わが国で保険適用になっているのはアリピプラゾール(躁症状の改善)とオランザピン(躁症状、鬱症状の改善)の2種類です。