HOME > お薬について > お薬について > 薬物治療について

お薬について

薬物治療について

双極性障害の治療において、薬物療法は躁状態やうつ状態を改善するだけでなく、再発を防いで症状を安定させるために欠かせません。 現在、双極性障害の薬物治療には気分安定薬と抗精神病薬が用いられています。これらの薬は躁状態やうつ状態の治療だけでなく、再発予防にも有効であるとわかっています。この病気は放置したり適切な治療を受けないでいたりすると、再発を繰り返すのが特徴です。いったん症状がおさまったからといって、そこで薬を飲むのを止めてしまうと、ほとんどの人が再発してしまいますから、長期間にわたって服薬を継続していくことが大切です。正しく服薬を継続することで症状を安定させ、コントロールしながら社会復帰することができるようになります。
ここでは、薬物治療に使用される薬について、それぞれの作用と効果、副作用についてまとめました。

双極性障害の薬