HOME > 双極性障害について > 双極性障害ABC > 5.治療しないとどうなるの?

双極性障害ABC

5.治療しないとどうなるの?

回復までの過程

双極性障害は、予防療法を行わなければ、ほとんどの場合、再発する病気と考えられています1) 。再発を何度も繰り返すうちに、社会的信用や財産、職を失ってしまったり、家族に見捨てられてしまうこともあります。でも、早期に適切な治療を開始すれば、こうした社会的なダメージを防ぐことができるのです。
また、再発するたびに、次の発症までの期間が短くなっていきます。度重なる再発は、急速交代化(ラピッドサイクリング)を誘発する恐れがあります。急速交代化になってしまうと予防療法の効果が現れにくくなって、調子のよい時期(寛解期)がほとんどなくなってしまう可能性があります。
躁状態とうつ状態が混じって現れる混合状態では、「消えてしまいたい」という気持ちが強くなる一方で、行動的にもなるので、最悪の事態を避けるためにも注意が必要です。

放っておくと
1) Goodwin FK, Jamison KR. Manic-depressive illness. Bipolar disorders and recurrent depression. 2nd edition. Oxford University Press, 2007.