HOME > 双極性障害について > 双極性障害ABC > 2.双極性障害(躁うつ病)とうつ病は違う!

双極性障害ABC

2.双極性障害(躁うつ病)とうつ病は違う!

双極性障害は、一般的には「躁うつ病」という名前で知られています。なんだか「うつ病」に似ていますが、両者はまったく違う病気で治療薬も異なります。
うつ病は単極性うつ病ともいい、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、眠れなくなったりといったうつ症状だけがみられますが、双極性障害はうつ状態と躁状態または軽躁状態を繰り返す病気です。

単極性うつ病と双極性障害

多くの双極性障害の患者さんはうつ状態で受診しますが、その後、躁状態を発症してはじめて双極性障害と診断されます。
うつ病の主な治療薬は抗うつ薬ですが、双極性障害では気分安定薬と抗精神病薬が使われています。詳しくは「お薬について」をご覧ください。

双極II型のほうが軽いの?
双極性障害にはI型とII型があります。II型の軽躁状態はI型の躁状態に比べて、症状が軽く、社会的な問題も少ないので、双極II型障害は双極I型障害よりも軽い病気だと思われがちですが、そうではありません。II型はI型に比べてコントロールしにくく、うつ状態を再発しやすいといわれています。どちらもなるべく早く治療を開始することが大切です。